2009年01月27日

歯痛の為のメニューを探して

・・・・・・どうもここのところの帰国では碌な体調であった例が無い。その所為か“片手で食せるメニュー”や“胃痛の為のメニュー”などに矢鱈詳しくなってしまった。
此度の帰国もまた然り。
年明けと同時に歯の激痛に襲われて休日診療所の扉を叩き、そこで下った診断は「歯の根に膿が溜まった」というもの。これは従来の歯槽膿漏とは一寸違うらしい。
この歯は虫歯の治療を施した歯であったので、詰め物を取り、針状の治療器具を用いてガリガリと歯の根を擦って膿を出した・・・・・・らしい。その後、数度通った歯医者で再度診て貰い、現在も治療中である。

ところで、此度はこの歯の為に満足に食せるものがあまり無い。それを商売柄歯科の症状に詳しいお馴染みの常連客Mさんにぼやくと
「じゃ、抜いてやろうか?」
「ヤです」
・・・・・・ニヤニヤ笑いと共に苛められてしまったものである。
そして、歯痛の折にも食せるメニューを聞くと
「うーん、『LAOLEE』のお粥くらいかなぁ・・・・・・」
というので、早速翌日の昼に食してみた。

中華粥
「台湾風おかゆ」¥550である。
粥では腹持ちがそれ程良くないのではないかと危惧していたが、どうしてどうして。
こちらではこの粥をラーメン丼と思しき大きい丼で出していた。真逆にこれほど大量に出てくるとは思っていなかった私である。その量に目を白黒させてしまったものである。

食してみると、こちらの「粥」は所謂米を多めの水で煮込んだ「粥」ではなく、飯を具材とスープで煮込んだ「雑炊」であった。これは、飯のメニューが多く粥のメニューがコレしか無い“中華ファーストフード”を掲げるこの店であるが故のことであろう。
食してみると、雑炊であるので米の食感がしっかりと残っているのが先ず感じられた。具材は何れも細かく刻んであるのでするするっと入り易いとも思ったが、魚介類の固い具材もそれなりにあったので入れ歯の方にはちょいと食しにくいかも知れぬ。が、シラスが入っているのは目にも賑やか、歯にも優しく嬉しいものである。そして味付けはやや濃い目の醤油入りスープ味、それだけを食すと喉が渇くような気もするがアルコールの締めに数人で分けて食す分には丁度良いのかも知れぬ。

菊花茶この日は温かい茶を欲しくなり「菊花茶」を一緒にオーダーした。これは、プ−アル茶に菊の花をブレンドし、菊の香りを存分に味わえる中国茶である。
粥を食す間に、口直しも兼ねて茶を喫した。菊の香りが鼻腔に広がり、中国茶独特のサッパリ感で口中がスウッとする。急須が空になると、差し湯を持ってきてくれるのは『ティークリッパー』で紅茶を喫したときと同じサーヴィスである。

この後場内を歩き回り、最後にもう一度場内を見てから『ティークリッパー』で雪避けがてらにチャイを喫した。その後で『マリンターミナル』の「全便欠航」の文字を見て慌てることになろうとは思いもせずに・・・・・・。
posted by daydreamer at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Huis Ten Bosch:FOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

初春のバール(其の参)

090117_2145~01.JPGこちらのバーテンダーK氏と、名はそれと出さずに『グランキャフェ』のMバーテンダーの話をした。
その際、注文の折に好きに作れと頼んでしまうコトも話した。

その後、Kバーテンダーにも好きに作れという注文をしたところ、このボトルが出てきた。
…何が出てくるのか不安7割、期待3割といったところである。
posted by daydreamer at 21:52| Comment(39) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春のバール(其の弐)

090117_2037~01.JPG食しつつ飲みつつ頼んだのは「白子のフリット バルサミコ仕立て」。

トロリと軟らかい白子とプリッとした帆立のアクセントが何とも言えぬ。
下に敷き詰められた茸も大好きであるので嬉しい。
posted by daydreamer at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春のバール(其の壱)

090117_2030~01.JPG一夜明けて『SUNBUCA』へ行った。

先ずはいつもの「ブルドック」と「自家製ピクルス」。
バーテンダーK氏によると少々盛り付けを凝ってみたのだそうな。
posted by daydreamer at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

初春のイタリアン(其の参)

090116_2213~01.JPG迷った挙句、店のお姉さんことSさんのお勧めである「北海道安幸アーモンド風味のカツレツ フレッシュトマトソースで」を注文した。

上に乗った茗荷が良い風味を醸し出している。
肉自体も美味い。
アタリのメニューであるな。
posted by daydreamer at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春のイタリアン(其の弐)

090116_2145~01.JPG次のPrimo piattoは「木の子のペーストと地鶏レバームースフィットチーネ」を頼んだ。

「長葱グリルとゴルゴンゾーラリングイネ」とどちらにしようか悩んだのであるが、好きなゴルゴンゾーラとレバームースのいずれかの味が強いか聞き、こちらを頼んだものである。

機会があればリングイネの方も頼んでみたいものだ。
…物足りないと言うやも知れるが。
posted by daydreamer at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春のイタリアン(其の壱)

090116_2044~01.JPG今年初の『Il Bacca』である。

前菜として頂いたのは「千葉天然真鯛と冬瓜バターソテー黄ゆず風味」。
鯛も冬瓜もトロリと軟らかく、酒の進む…単に料理としても美味い…味である。
posted by daydreamer at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

初春や(其の捌)

さて、後は帰るだけ…と思ったところで(確かめるのが遅いだけであるがσ(^◇^;)。。。)『マリンターミナル』の入口に
“悪天候の為全便欠航”
の文字が…。

折から雪も強くなってきた。
仕方が無い。此度ばかりは陸路で帰ることに致そうか。
posted by daydreamer at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春や(其の漆)

090112_1610~01.JPG本日は12:00迄惰眠を貪り、その後街を回って来、些か疲労困憊して『ティークリッパー』に辿り着いたところである。
一服し、「ロイヤルミルクティー」を喫してひと休み。

行きはあると思った時間も過ぎてみればあっという間。
もうじき、出国の時刻。
posted by daydreamer at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春や(其の陸)

090111_1805~01.JPG昨晩、此度の「光の街」開催中に初めて「光の宮殿」を見に行った。話をしていたMさんは半ば茫然、半ば呆れ顔であったものであるが…。

ライトアップも無論素晴らしかったが、此度は音楽と共にゆるゆると行われるライティングショーが、幻想的な気分に引っ張っていたような気がする。

『ヴィノテーク』で新年の挨拶を済ませ、『ジャックポット』と『グランキャフェ』で飲んで帰途に着く。『ジャックポット』では、前日の分迄とばかりにゆっくりと過ごした。…尤も、カウンターの中でも後片付けに大わらわ(これは他に客が居らなんだ故のコトである)であったので、勝手ながらあいこであろうと解釈をしている。
posted by daydreamer at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

初春や(其の伍)

『悟空』で久方振りにちゃんぽんを食したが、歯の痛みの為に半分も食すことが出来ず残念であった。
魚介や野菜の旨味がよく出た美味いものであったのだが…。
雑技を見に行き、Mさんに会ってその話をすると
「抜いてやろうか?」
と、いぢめられたものである。

雑技は、相も変わらず素晴らしかった。うっとりと魅入り、別世界に引き込まれた。

その後、Marさんにお会いし、購入して頂いていた『メタモルフォーゼ』の福袋を受け取る。
部屋で荷物を置いてひと休みし、これからまた街に繰り出す予定。
posted by daydreamer at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウステンボス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春や(其の肆)

昨晩は、滅多に無いことであるが眠くて眠くて堪らず、閉店時刻迄1時間余りを残しているというのに早々に『ジャックポット』を辞去した。

我ながら訝しく思っていたのであるが、ふと、思い至った。
そう言えば昼食を摂った『吉翠亭』では勧め上手のSさんに釣られてついつい燗酒を4本も空けていたのであった…。(-.-;)
posted by daydreamer at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウステンボス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

初春や(其の参)

090110_1242~01.JPG馴染みの『吉翠亭』で昼酒を楽しむ。
白磁の酒器が清楚な雰囲気を演出…と言いたいところであるが、しっかり飲んでいる席では説得力が無い。

今は唯、料理と酒を楽しむのみである。
posted by daydreamer at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウステンボス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春や(其の弐)

帰国し、取り敢えず『メタモルフォーゼ』で初の買い物を済ませて出てみると…雪が降ってきた。
天気予報では雪は朝のうち、の筈であったのだが…(-д-;)

さて、挨拶回りだけ済ませて昼食を摂ることと致そうか。
posted by daydreamer at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウステンボス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春や(其の壱)

たった今長崎空港に到着した。
乱気流の為に10分程度の遅れ。故に船も10分遅れるとのことである。

…それにしても、寒い。
私の今の状態では『ジャックポット』の寒がりを笑えぬな…。(‐o-;)
posted by daydreamer at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウステンボス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

不調の折には趣向を変えて

三ヶ日も過ぎましたが、謹んで年頭の御挨拶を申し上げます。
本年も旧年中と同様にご愛顧をお願い致します。

それにしても・・・・・・多忙と不調とグータラが重なって書かねばならぬ記事が増えてしまった。今になって驚き慌てている体たらくである。
とは言うものの、過ぎた時間は致し方ないのでゆるりと書き進めていくことと致そう。何、『ジャックポット』や『グランキャフェ』にては、していることは何時如何なるときでも対して変わりは無い(・・・・・・それは、まぁ、バイトが増えたり屋台から戻って来た寒がり(Eちゃん)をからかったりT姐さんの誕生日付近に来合わせたりワタシの誕生日付近に帰国したりMバーテンダーの似合わぬ恰好をケナシタリとそれなりに変わったことも無きにしも非ずではあるが)ので書いても書かずとも余り変わりは無いと思われることも多かろう。

ところで。

未だに症状は残っているのであるが、12月の帰国の折には胃痛で往生した。故に、恒例となった、到着時の『吉翠亭』の季節の御膳(当然ランチである)も此度ばかりは重い。
・・・・・・が、このようなときでも酒が欲しくなる自分がいる。そこで、適当に見繕って頼むことにした。

前菜五種盛り先ずはこちら、「前菜五種盛り」である。中央にあしらわれた椿の蕾が季節を感じさせてくれて嬉しい。また、ほんの少しずつ盛り合わせられたこの量も、食欲の無いときでも無理せず食せるので嬉しいものである。
殊に美味だったのが「蟹酢」(画像左上)と「独活(・・・・・・であったと思うが今となっては定かでは無い・・・・・・あせあせ(飛び散る汗))の唐墨和え」(画像右上)である。「蟹酢」は程良い酸味が荒れた胃を優しく刺激して食欲を増進させてくれたし、「独活の唐墨和え」は唐墨の旨味と独活の歯触りが正しく私好みであった。
これを頂きながら、焼酎の湯割りを少しずつ流し込んだ。穏やかな温かさが胃には優しい・・・・・・様な気がした。

ちらしずし(提供時)ちらしずし(喫食時)食事は「ちらしずし」にした。手元の焼酎が残っていたので、肴にも出来る単品料理を・・・・・・と思って注文したのがこれである。
魚には、それぞれ煮切りで味付けをしてあったので、そのまま肴にして頂きながら焼酎を飲んだ。鯛と思しき白身魚と烏賊が美味かった。
また、飯も当然ながら味が付いている(それはそうであろう。酢飯であったのだから・・・・・・)ので、酒の後の食事も労せず平らげた。ゆるりと食事を摂ったのであるが、それでも胃に然程の負担がかからず痛みも無かった。矢張り、これは遺伝子レベルで慣れ親しんだ和食であるが故のことであろう。

何のかのと言いながら、到着後に先ず食事を頂く場所は矢張り此処であることに変わりは無い。馴染みも徐々に増えてきたことであるし、離れられるとは今となっては思いも付かぬのであるが。
posted by daydreamer at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Huis Ten Bosch:FOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。