2010年02月14日

久方の

100214_1330~01.jpg漸く、ツアコンのお役目から解放され、人心地付いたところである。

久方振りのハウステンボス。

昨夜は夜の余りの暗さ・寂しさに人知れず溜息を付いた。
出来得ることならば、再びアムステルフェーンの灯を灯し、往時の賑わいを取り戻して頂きたいもの。スタッフに依れば、その用意はすぐにでも出来るそうであるし。

此の場所に関する報道もあったが、私自身はもう暫く推移を見つつやきもきすることであろう。
が、この半年よりは好転すると信じたい。そう、話もした。

何時の日か今日の日を笑い話にしつつ愛する此の場所を大手を振って歩くことが出来る日が来ることを願おう。その日が1日でも早からんことを。
posted by daydreamer at 16:19| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

今週末の妥協

昨年のハウステンボスは、大規模リストラに廃墟作りと、多数の改悪が実行された。これは偏に最高執行責任者たる現社長とその腰巾着の取り巻きの不明に依る失策である。
何せ廃墟を免れた施設は現経営陣が満を持して導入しては今ひとつ奮わなかったものばかりであり、廃墟にさせられた施設の中にはそれらと競合するであろう人気施設が数多く含まれていたのであるから。

この現状を憂い、私は、必要最低限の旧状回復或いは経営失敗の責任を取っての経営陣の退陣を求めるメールを送付し、返答無き場合はハウステンボスを訪れず、最悪の場合は見限る旨を申し出た。
一言なりとも返答があれば、再考の積もりであった。が、存じ寄りの傲慢なる上層部は、黙殺でこれに応えた。

故に、私はハウステンボスへ行くのを止めた。そして、私も似非ライターも自ブログのハウステンボスの記事の更新を止めた。
その後幾度も聞く悲しいニュースに心を痛め、こっそりと訪れて売上に手元の僅かなものを上乗せしようと思う心を抑えたことか…。恐らく現経営陣にあるであろう
「ハウステンボスの常客は何をしても離れることは無い」
との甘い思考を打ち消さんが為に。


…実は、今週末、その戒めを破って彼の地を訪れる。知り合いの要望に依るものである。
意志の弱さを笑わば笑え。泣く子とお姉ちゃんには逆らえぬという言葉も有るではないか…ちと違ったか?

それはさて置き、彼の地では無沙汰の詫びに回らねばなるまいなぁ。それだけの時間がたった2日間で取れるかどうか。
因みに、似非ライターも此度ばかりは記事を些少ばかり更新する気になったようである。
posted by daydreamer at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。