2008年08月16日

高速船チケット

・・・・・・いやはや、思ったよりも長い発作であった。我乍ら、呆れる程である。とは言うものの完全に落ち着いた訳では無いが、取り敢えずは“Dark temptation”からは抜けたと言っても良かろう。
訳の判らぬ記事に困惑された方も多かろうとは思う。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

さて。

此度の帰国では、従来通り高速船を使った。何と言っても渋滞知らず。時間を計算するにはこの交通手段が一番確実なのである。
無論、前月の帰国時に高速船乗り場に掲示があったので、値上げがあることは知っていた。それでも、最近は手段を変えるとこちらが戸惑ってうろたえてしまうこともあり、変わらぬ交通手段を取ることにしたのである。

前回迄、高速船のチケットは船の写真が附いているものであった。このチケットに印刷された単価を、¥1,420→¥1,600に変更になった際に二本線のスタンプで消し、新たな単価をスタンプで押してあった。
此度は新たに¥2,000という単価に設定され直してある。矢張り此度も同じように直してあるのだろうなぁと思っていた。

高速船往路チケットすると、此度料金を支払ってから受け取ったチケットは画像の如くのものであった。ご覧頂くとお判りかと思うが、復路分のチケットの割引券が付いている。つまり、復路分は従前と同様の¥1,600でチケットが買え、往復を考えると全体で¥200ずつの値上げとなる仕組である。
が、心理的なことを考えるとこれは上手い価格提示であると言えよう。同じ値上げでも、往路のみを値上げして復路は据え置きとなると割安感がグッと増す(様な気がする)。故に、往路で高速船を選択した場合、復路も高速船を・・・・・・と考えることが多かろうと思われる。特に、ハウステンボスに“帰る”方は稀であるので尚更である。

少々チケット自体に風情が無くなったのは残念であるが、新しいシステムが彼の如くであるのでこれはこれで良しとしよう。
阿呆なことを言わず、素直に次の帰国をするとなると、次回高速船を使用するのは12月の最初の週末ということになる。その前に1度位は高速船を使いたい(帰国したい)が見通しは中々立たず・・・・・・。
posted by daydreamer at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウステンボス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。