2008年11月07日

真昼の太陽(其の壱)

ハウステンボスの記事も未だ未だ書きたいことは山程あるが、取り敢えずは此度訪れた鹿児島の記事を先に書くことと致そう。何せ、ハウステンボスのことであればご存知の方も多いかとは思うが、鹿児島のことはそれ程知られていることではないかとも思う故に・・・・・・。

先ずは、こちらの記事から。

実を申せば、此度の鹿児島訪問は初日のこの場所がメインであった。
それは、今年の6月のこと。
東京は六本木で「Happy Aperitif in Tokyo」というイベントがあった。フランス農水省が提唱する“6月の第一木曜日はアペリティフを楽しむ日”に世界各国の様々な場所でアペリティフを主体としたイベントが行われているというものがあり、その東京会場でのイベントが東京の六本木ヒルズで行われていたのである。詳細は先に記事にしたが、此処で“ムッシュ”ことハウステンボスホテルズ調理顧問の上柿元勝氏が鹿児島のレストラン『ミディ・ソレイユ』所属として参加されていた。
大掛かりな食のイベントである故に前々から興味は尽きねどチケットが中々取れず(今年もイベントの1週間前には全てのチケットが完売したのだそうな)、悔しい思いをしていたので、此度は一念発起してサイトを探し、ようようの思いでチケットを手に入れた。そこで、ムッシュやY総支配人に『ミディ・ソレイユ』の話を聞き、興味を持って夏が終わらぬうちに予約を入れた、というもの。

長い前置きであったが、それはさておき。

当日、鹿児島空港に到着した私の携帯に、『ミディ・ソレイユ』からの留守番電話が入っていた。時間は、ランチタイムが始まる直前のことである。
何事が起こったかと訝しく思い、電話を入れてみた。
「はい、『ミディ・ソレイユ』でございます」
「あ、今日の7時(19:00)から予約を入れています○○と申します。何かこちらにお電話を頂いた様で」
「はい、少々お待ちください」
待つこと数秒、電話の相手が変わった。
「お電話代わりました」
「あ、どうも。○○と申します。何かお電話を頂きましたか?」
「あ、○○様。わざわざお電話をありがとうございます。実は少々確認したいことがございまして」
「(予約の取り消しでもあるとコワイな・・・・・・)はい、何でしょう?」
「実は本日、団体様のご予約が入っておりまして・・・・・・。○○様には個室をご用意させて頂いておりますが、その・・・・・・少々賑やかな団体様とご一緒ということになりますが・・・・・・」
「あ、それは構いませんが」
寧ろ変わったことが大好きな私にとっては願ったり適ったりである。
電話口の声もホッとしたかの如くの様子。
「ありがとうございます。それから、デザートの件ですが・・・・・・」
デザート幾度も申し上げる。
私は甘いモノが大の苦手である。
ハウステンボスの『エリタージュ』でもそれと告げたが、此処『ミディ・ソレイユ』でも、苦手な食材を訊かれた折にそのように告げていた。その為、『ミディ・ソレイユ』でも良き案を考えていてくれていたのであるが、そのことについての打ち合わせを簡単に済ませ、電話は終わった。
ちなみに画像は『エリタージュ』のデザートである。フルーツを主体とした苦心惨憺の様が伺える一品である。『ミディ・ソレイユ』は・・・・・・これはコースの流れの中でご覧頂こう。

ホテルは鹿児島中央駅に隣接するビジネスホテル『JR九州ホテル鹿児島』に投宿した。チェックイン前に荷物を預け、駅に程近い地点をひと巡り。『維新ふるさと館』などを観光した後でホテルに戻ってひと休み。
頃合いを見計らってタクシーで『ミディ・ソレイユ』のある『ドルフィンポート』へと足を運んだ。時刻が時刻とて人気の『篤姫館』は閉館していたが、他のショップやレストランは営業していた。焼酎を扱う『薩摩酒蔵』などを興味深く見て回り、先日ハウステンボスの『ロゴグラム』で購入した懐中時計(最近これがお気に入りで何処に行くにも持ち歩いている)で時刻を確認して、予約の5分前にそろそろ良かろうかと『ミディ・ソレイユ』へと向かった。

『ミディ・ソレイユ』・『ポルト・カーサ』の上柿元シェフプロデュースの2店舗は、いずれも予約以外の客は受け付けられぬ旨の表示が店頭に出されていた。一瞬怯みそうになったものの私もその予約席を持つ客であることに思い当たり、ひと呼吸置いてからつかつかと『ミディ・ソレイユ』へと歩を進めた。
『ミディ・ソレイユ』の前には、Y総支配人が人待ち顔で待機していた。入口へと向かう私に
「○○様でいらっしゃいますか?」
「はい、そうですが」
「お待ちしておりました。どうぞこちらに」
と、満面の笑みで、用意された席へと案内してくれた。
団体様用に設えられた席を横目で見ながら店の奥へと進む。
個室のドアが開けられた瞬間、怖いもの知らずの私も流石に呆然としてしまったものであった。
posted by daydreamer at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109242986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。