2005年11月09日

『名探偵コナンミステリーツアー 2003』

前回に引き続き、懐かしのネタである。


2003年夏、私は長崎市内でのコンサートイベント『夏 長崎から 2003』に参加した翌日、『名探偵コナンミステリーツアー』のために、長崎駅からハウステンボスへと向かった。
ツアーパンフレットツアーブック


 


 


 


 


 


 


左がツアーのパンフレット、右がツアーの概要を書いた「ツアーブック」である。
パンフレットの方はハウステンボスの景色を随所に織り込んである(ちと季節が違うような気もするが・・・・・・)のだが、ツアーブックの方は余計な装飾を一切せずに、ツアーの世界に入り込めるようなデザインにしてあるのではないかと思われる。(どちらかと言うとハウステンボスファンでこれに参加しているのは少数派であったような気もするし・・・・・・。)


景品箱表景品箱裏


 


 


 


 


 


 


景品(灰原 哀)これらは、そのときに貰った景品の写真である。箱のデザインは、表側はご覧の通りパンフレットと同じものであり、裏側は景品の種類を並べてある。
私が貰った景品はそのうちの一つ「灰原 哀」のフィギュア(左の人形)である。
このキャラクター、某掲示板の(私が師匠と崇める)Kさんの書き込みによると
「結構人気のあるキャラクター」
であるとのことだそうな。(貰った本人は未だに判っていないのだが・・・・・・。


 


アリバイシート@


アリバイシートA


 


 


 


 


 


 



捜査ポイントこれらがツアーのとき、入国口のインフォメーションで貰ったシートの数々である。
左が捜査ポイントを書いたシートで、ツアーの参加者はこれに沿って捜査のためのウォーキングラリーに向かう。・・・・・・が、この中の1番(ビネンスタッドの薬局の横)は、ハウステンボスをご存じない方には判り難かったようで、薬局付近で所在無げに佇んでいる方を何人も見かけた。その方々は私が
「あ〜、ここだここだ。」
とワザとらしく声を出しながら入っていった捜査ポイント(以前、銀行のATMが並んでいた所)に入っていくと、少々間を置いてぞろぞろと入ってきた。そのため、ゆっくりと展示物を見ることが出来ず閉口したのを思い出す。
上の2枚は「アリバイチェックシート」である。これは、様々なショップなどで貰えるシールを貼って完成させるものである。ちなみに、シールをもらったところを列記すると、左上が『ブールンカース』、右上が『ルフティー』、左下が『ビネンスタッド インフォメーション』、右下が『シーブリーズ』である。

このツアーはJR主導の企画であるので、「JR往復乗車券+1日パスポート+ツアーブック+景品のフィギュア」が込みで販売されていた。
長崎駅からだと、金額は¥6500である。
帰りの乗車券と1日パスポートは不要(もう長崎には戻ることは無いし、パスポートに至っては、東京からのフリープランツアーのオプションで「オフィシャルホテルリゾートパスポート」を購入済であった)の私には少々高い買い物だったような気もするが、それでもこのツアーを目一杯楽しんだのだから充分に元は取っていると思う。


思うに、ハウステンボスを紹介するのに、このような「ウォーキングラリー形式」程打って付けの企画はないのではなかろうか?
広い敷地内を縦横に歩き回り、様々なアトラクションやスポットを見ることが出来るので、知らなかったスポットに目を向けられたように思える。
このようなアニメがらみではなくオリジナルのストーリーで(例えばちゅーりーから何かテーマを貰うなどのシチュエーションでも良いから)楽しんでみたいものだ。
この翌年の正月のイベントとして「ハウステンボス大捜査線」(名称は定かでは無いのだが・・・・・・)のようなイベントがあったようだが、通年で(時々変更しながら)こういったイベントをしてくれないかな、とも思う。
そうすれば(少なくとも私は)嬉々として参加している様子が見られるであろう・・・・・・と思うがどうだろうか?

posted by daydreamer at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。