2005年09月11日

さだまさし3333回コンサートin武道館(4)

3333回コンサート第1部のアンコールは、前回の記事でも書いたように2回。通常のコンサート並であった。会場を出て(このときの混雑振りは激しく、改めて大掛かりなコンサートであったことを実感させられたように思った。)出口付近を見ると、花がたくさん飾られていたのを見た。・・・・・・そう言えば、さださんはこの花を見て


「あんまり花が多いんで、俺、死んじゃったのかと思った。


と冗談を飛ばしていたほどであった。(カメラを持参しなかったのでどのような感じ、とお目にかけることが出来ないのが残念である。)花の贈り主は、各テレビ局やラジオ局、レコード会社にプロモーターなどが多かったが、ひときわ異彩を放つように中心に配置されていた花には《松坂慶子》と記されていた。この花の前では写真を撮る方が多かったこと・・・・・・。


それにしても、この日一日だけでももの凄いコンサート(としか形容できない)だったのではないかと思う。オープニングでは観客もイキナリ総立ちになるし、さださんも「Final Count Down」を歌う際にマイクスタンドを持ってステージの端から端まで駆けずり回るし、私は直接知らないので何とも言えないのだが往年のファン垂涎のグレープのコーナーまであるとくれば・・・・・・。そう言えば、グレープのコーナーでは3曲目でリクエストを募るようにしながら(まぁ、「殺風景」と言われるのを待っていたような感じだったので、多分予定の曲ではあったのだろう。)進めていたのだが、私の周りでは「糸電話」と叫ぶ声がかなりあった。が、ステージ上では聞き取れなかったのか「糸電話」のリクエストがあったことを伝えることはなかった。・・・・・・尤も、「糸電話」(by『あの頃について』)は吉田さんの歌のパートがかなりあるので、さださんが承知をしても吉田さんが断固拒否する可能性もあるのだが。


その吉田さんについては、さださんは


「もうじき定年です。


と、ステージ上で幾度も繰り返していた。もしかして、前回は“企画モノ”であった「レーズン」を本格的に始動するつもりでもあるのだろうか・・・・・・?(本文続く)

この度のコンサートについては、私は本当にツイていたと思う。まず、会場の武道館は東京にあり、私はたまたま東京近郊に住んでいるため目の前で実物のさださんを見ることが出来た。また、幸運にもチケットの抽選に当たり、アリーナ席を確保することが出来たため、間近で(しかも肉眼でハッキリと)見て、聴くことが出来た。平日のコンサートなのでチケットを購入することを諦めた方も大勢おられただろうし、この日は九州地方に台風が上陸したためチケットは購入したものの武道館まで辿り着けなかった方もおられたことだろう。(事実、私のすぐ前の席は空席であった。)


コンサートの興奮冷めやらぬままに書いているこの記事であるが、まだ第1部が終わっただけである。第2部をこのままに書いていくことが出来るか・・・・・・非常に不安ではあるが、どうかご了承の上、お付き合い戴きたい。

posted by daydreamer at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | さだまさし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12364324

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。