2005年03月27日

ハウステンボスにハマった訳(1)

チョコレートの滝私が住んでいるのは千葉県北西部、といえばピンと来る方もいらっしゃるだろうが、全国のテーマパークの中で抜群の人気を誇るT○Rの近くに在住している。が、私はそこに行くことはほとんど無く(友人との付き合いで年に1回程度は行くが。)ハウステンボスは年パスを購入し、年に2〜4回ではあるが、資金に余裕が出来次第通っている程である。


「そんなところに住んでいて(ウチはT○R最寄の舞○駅を通るJR線の沿線にある)何故わざわざハウステンボスに行く(来る)のか?」とよく他人に尋ねられることがある。


そこで、何回かに分けてその話をまとめてみようかな、と思う。


初めてハウステンボスに行ったのは、今から8〜9年ほど前、さだまさしさんが毎年夏に主催する『夏 長崎から』と言うコンサートイベントを盛り込んだ九州旅行のツアーに参加したときだった。

そのときは時間の都合上4〜5時間程度しか滞在出来なかった。そのため、入場したアトラクションは『ホライゾンアドベンチャー』のみ、あとは適当にお店をいくつか覗いて『ユトレヒトテラス』でタコスを食べた。(写真は、『さだまさしコンサート参加ツアー』のバスの中で「ハウステンボスの名物」としてガイドさんから紹介された『チョコレートの滝(チョコレートハウス)』である。尤も撮影したのは今年の2月だが。)このときの記憶はそんな程度しか無い。つまり、このときは「何も無かった。」という世間一般の感想しか持たなかった。
当時の私は、ご多聞に漏れずT○Rの大ファンであり、絶叫系大好きニンゲンでもあった。多分、このときに「ハウステンボスアトラクション全制覇!」などをやっていたらここまでハマることは無かっただろう。
が、このとき幸運にも時間が無いためハウステンボスの大部分は見ることが出来なかった上、食事もおざなりで済ませてしまったため、もう一度来たいと思ったのだった。
posted by daydreamer at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。