2006年03月23日

ルームサービス(カレー編)

さて(間に余計な記事が入ってしまったが)、前回の帰国は、急に決めたものであった故にちょうど良いフライトの座席に余裕がなく、ハウステンボスに入国したのが19:00頃、翌日の出国が11:30頃と非常に慌しいものになってしまった。ふらふら
そんな時刻に這って来た私であるので、ホテルのチェックインを済ませて夕食処を探したのだが何処にも余裕などある筈が無くもうやだ〜(悲しい顔)(何せ19:00閉店の『ちゅーりーちゅーりー』『アンジェリケ』にもまだまだ客が鈴なりであったので閉めるに閉められなかった程である・・・・・・あせあせ(飛び散る汗))、飲まず食わずのまま花火を観賞し、部屋にたどり着くや否やルームサービスをお願いした。
このときばかりは宿泊先が『ホテルヨーロッパ』であったことに心底感謝したものだ・・・・・・たらーっ(汗)

さて、ルームサービスでお願いしたのは「カレーセット」。選んだカレーは「牛フィレ肉のカレー」である。

ルームサービス カレーセット

このような仰々しい(と言ってはホテルに失礼か?)セッティングでカレーセットが運ばれてくる。
ルームサービス カレーセット2蓋を取るとこのような状態である。運んで来てくれたのは、クリスマスシーズンに同じくルームサービスの夕食(このときは「シェフのお勧めディナー(魚料理メインのセット)」であった)をサーブしてくれたNa氏。
「お久し振りですね」
と声を掛けると
「本当に・・・・・・」
と返してくれた。

ビーフカレーライスサラダ

まずお目にかけるのは料理の数々である。
カレーに入っている牛フィレ肉は、一度焼いてから煮込んだものであろうと思われる。焼いた肉の独特の香ばしさが軟らかく煮込まれているにも拘らず失われていなかったので、食欲を大いにそそった。ひとつの料理としても賞味できるものであったが、これをライスに掛けて食べると一層美味さが引き立っていた。ライスの炊き加減は少々固めであり、これがルウとよく絡んでいた。
サラダの野菜も新鮮なものであったので、ドレッシングは要らなかった。少々の塩を掛けて食べるだけで美味さが引き立つ。特にサラダ菜の苦みの中に甘みがしっかり感じられたのには驚いた。

薬味とドレッシングデザートこれは、付いてきた「薬味とドレッシング」、それとデザートの「いちごのシャーベット」である。
薬味は福神漬けとピクルス。福神漬けはしっかりと酒の風味が残っている、つまり調味液でごまかしたりせずにきっちり漬け込んだものであったので嫌味が無く、ピクルスはアメリカ風の甘いピクルス(ハンバーガーチェーンのハンバーガーに挟まれているアレである)では無くてヨーロッパ風の酸味のしっかりしたものであったので、やや強めにも思えるカレーの味に負けることなく存在感を主張し、口中をサッパリさせてくれるものであった。この薬味があればこそ、もうひと口、もうひと口と食が進むのであろう。
シャーベットは、流石に「スリーベリーフェア」を行なっているハウステンボスで出てくるシャーベット、と感嘆したものである。酸味を取り去って香りと甘味を凝縮し、それにシャーベット独特の爽やかさをプラスしたその味は、辛い料理(カレー)の後に食べるには最適なものであった。これが、もしも「いちごのアイスクリーム」であったら、ややしつこく感じてしまうであろう(甘いものが苦手な私であれば尚更である)と思われた。

ところで、このシャーベット、最初から一緒に運ばれてきて、そのまま冷凍庫にも入れることは無かったのに最後までドロドロに溶けることは無かった。
シャーベット冷却用氷それは、写真でご覧いただければお判りのとおり、氷を皿の下に敷き詰めて皿ごと冷やしているという心遣いのためである。
ハウステンボスのホスピタリティ、ココに極まれり、である。

このような心遣いをあちらこちらで受けることが出来、しかも必要以上の干渉を受けぬという心地よさの為に私はハウステンボスに行く。
(地元の某大型遊園地は、その点サービスは良いのであろうが過干渉である。それが煩わしさの為、ココで私は楽しめても寛げぬ。遊びに行って疲れ果てるのも詰まらぬ故、最近の私はココへはほとんど行かぬ。それこそ自分の部屋を出て1時間もするとパーク内に入っているという距離にある場所なのだが、ココに行くのはせいぜい年に1度がいいところである)

だから、某大型遊園地のような対応をハウステンボスが始めたら、私は恐らくハウステンボスに行くことは無くなるであろう。あの場所は、私が唯一何もかもを忘れて寛げる場所なのだから。
ハウステンボスには何時までも今のままのスタンスを、と願うのは私のワガママであろうか?
posted by daydreamer at 22:29| Comment(0) | TrackBack(1) | Huis Ten Bosch:FOODS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ホテルヨーロッパ・ルームサービス
Excerpt: 今回はホテルヨーロッパのルームサービスメニューです。以前の内容とほぼ同じですが、一部に変更がありましたので、改訂版をアップします。最新更新日3月24日。 上記は175号室からの眺めです..
Weblog: ハウステンボス飲食店がいーど!
Tracked: 2006-03-24 01:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。