2007年02月11日

き、記憶が・・・・・・

宿泊しているホテルでインターネットコーナーを見つけた。
この記事は、そちらのパソコンを使用しての投稿である。

昨夜、1年ぶりに『志る幸』へ行き、久々の料理に舌鼓を打ったのは前に投稿した記事の通りである。食したのは「出汁巻き卵」「精進焚き」「たい水菜」「くじら酢味噌和え」「かぶら蒸し」「かやく御飯」「おとし芋の白味噌椀」「おしんこ」である。酒は、熱燗で・・・・・・そう、5本も頂いたであろうか?
流石にちょくちょく通うという訳にも参らぬが、この時期(というよりもこの日近辺)に毎年来る(かれこれ5〜6年は続いている習慣である)とあって、店の方々もすっかり顔馴染みとなっており、いつにも増して客の多い店内に目を白黒させながらも腰を落ち着けて飲み食いに興じていたものである。

それは、手を洗いに立った直後であった。
それまで残業続きの日々を送っており、しかも先週は出張が2度もあり、尚且つ休日出勤の代休が取れなかった所為もあってか・・・・・・自席に腰を下ろしたのは何とか覚えているものの、そこから先の記憶が全く無いのである。おぼろげに覚えているのは車で送って貰った(かの如くの)ときの
「ホテルに着きましたよ」
という言葉だけである。支払いをした記憶も、店を出た記憶も無い。領収書が財布に入っているのでどうやら支払いはしたらしいのだが。

これは、今夜店に行った際にちゃんと詫びの方々何があったかを聞いてみねばなるまい。いやはや、酒食をして記憶が飛ぶなど初めての経験である。
posted by daydreamer at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33406151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。