2007年06月04日

長崎へ行ったなら・・・・・・

さて、先日の記事で
「長崎へ観光に行こうか?」
と、書いたのをご覧頂いた方もあるかと思う。
実は、このときのお目当ては他にもある。

先ずは、さだまさし氏の喫茶店である『自由飛行館』へ行きたい、というのがひとつ。
これは、崇福寺の近くにある喫茶店であるが、以前に一度行ったきりであるのだが割合に(思ったよりも)落ち着ける雰囲気であったのを覚えている。あれほど長崎に通ったにも拘らず、何時の頃からか観光もせずにハウステンボスへ行く習慣が付いてしまい、ついぞ再訪の機会を得なかったのである。故に、此度は是非とも再訪を、と思ったのである。

次に、食事である。
新地中華街の『江山楼』が私のお気に入りであることは以前どこかでお話したと思うが、昨夏の長崎旅行の折にもうひとつ行きたいと思ったレストランがあるのである。
それは、恐らく“観光客”である故に心惹かれたのであろう。
駅ビルの『アミュプラザ長崎』の中に入っているカレー専門店『MILAN』である。

『MILAN』外観これが、『アミュプラザ長崎』のレストラン街にある『MILAN』である。ここは、本場インドカレー(多少のアレンジは加えてあったような気もするが・・・・・・)を食すことが出来るレストランで、特に夏場はスパイスが効いたカレーが胃の腑を刺激し、あの暑さの中でもペロリとランチセット(これが意外に量が多いあせあせ(飛び散る汗))を平らげてしまったのを覚えている。

『MILAN』ランチメニューとは言うものの、さすがに夏の暑さが堪え、肉を食べる気にはならなかったので、ランチセットの「ベジタリアンランチ」の中から注文を探した。
私が、元来好奇心が強いのは既にみなさまご存知であるかと思う。
このメニューの中で、中身の見当が付かないのは「ダルタルカ」のみであった。そこで、この「ダルタルカ」を注文してみたのである。

「ランチセット」のサラダ待つほども無く来たのは「サラダ」であった。これは、何のことは無い、普通の生野菜にフレンチドレッシング(赤)をかけたものであった。が、夏の暑さの中、この新鮮な野菜がするりと胃の中に収まったのは言うまでも無い。

「ダルタルカ」ランチセットその後に来たのが、この「ダルタルカセット」であった。
「ダルタルカ」とは、豆のカレーである。ヒヨコマメやら白・赤のインゲン豆など、様々な種類の豆をふんだんに使ったカレーであるので、私にとってはジャガイモがゴロゴロしているカレーよりも余程食べやすいものであった。
他についてきたのは「サダナン(プレーンのナン)」・「ピラフ」「サモサ」である。
ナンは余計な味が付いておらなんだのでほんのりと効いた甘味までもを感じる美味いものであったが、何せ大きい。これだけでも腹がくちくなるのでは?と思われるほどの大きさである。
ピラフは、矢張りカレーで風味付けをしてあるが、カレー味のご飯料理よりは幾分あっさりしている。が、この中に混ぜられたレーズンが思いの外効いていたのが意外であった。
サモサに至っては・・・・・・これは揚げ物である。皮はサクサクと揚がっており、中身も野菜がメインであったのであるが、流石にこの量の中では多過ぎると感じ、必死になって食したものであった。

それでも、今でも思いを馳せるほどに美味いカレーであったのは確かである。
今度は、それほどに熱さを感じぬ(と思う)6月であるので、同じメニューでももっと味わって食せるのではないかと思う。また、他のカレーもなかなかに捨て難いものである。
是非とも、長崎を訪れた暁には(・・・・・・というよりも長崎に行く気になるかどうかが問題であるのだが・・・・・・)こちらにも行ってみたいものである。
posted by daydreamer at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 長崎散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43881296
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。