2007年10月24日

やさしさの、ひととき(其の玖)

馬鹿話に興じている間に、グラスは空になっていた。
「次、何行きます?」
「そうね・・・・・・昨日作って貰ったブルーベリーのカクテルね、あれ、美味しかったからまた飲みたいな」
「畏まりました。●君」
と、TさんがTaさんを呼ぶ。
「○○さんね、昨日のオリジナルがまた飲みたいって」
「はい、畏まりました」

10.7「ブルーベリーリキュールのオリジナル」Taさんに再び作って貰ったカクテルである。これは、先の画像とは違い、カクテルを主体にして撮ったので、鮮やかな色をご覧頂けるのではないかと思う。
前日と同様、先ずは香りを堪能する。そして、口に含み、鼻腔に抜ける香りと仄かな甘みを楽しむ。
「うん、やっぱりこれ美味しいな。また次も頂きたい位だよ」
Taさん、気の所為か顔が綻んでいるようである。
「○○さん、それだけ気に入ったんなら「○○スペシャル」とでも言ったらどうです?」
と、Tさん。
そういうネーミングはちょっと・・・・・・たらーっ(汗)

この辺りで、先にオレンジ広場で別れたMさんが店内に入ってきた。
「どうも」
と、席を探すが、私の右隣は既に塞がっている。が、隣の方々のそのまた隣の席は空いている。
「あ、じゃあ・・・・・・」
と、Tさん、ゲームに興じておられる隣席の方のグラスとおしぼりをずらす。
「大丈夫なの?そんなことして」
「大丈夫ですよ」
ま、隣席の方々が離れ離れになる訳では無し、何とかなるであろう。・・・・・・と思う。
Mさん、私の右隣に席を占める。

「◇◇さん(Mさん)、何にします?」
「うーん、今腹一杯だからね、何が良いかな?」
「じゃ、ブランデーなんかどうです?」
と、口を挟む。無論のこと、同席していたのだからMさんが散々『戎座』で飲んでいるのは承知の上である。
「ブランデーねぇ・・・・・・一寸飲み過ぎてるからなぁ・・・・・・」
と、Mさん。
「あ、でも、お腹一杯の方にブランデーはよく勧めますよ」
と、これはTさん。
・・・・・・結局、Mさんもそれ程強くないものをチョイスして注文し、グラスが運ばれる。

Mさんの話題は、専らたった今見てきたステージのコトについてであった。Mさん、ステージがいたくお気に召した様子である。
また、ステージ傍で販売しているCDにサインを入れるサーヴィスをしていたという話も出た。これを聞いて、前日のヴァイオリニストの方のCDを購入しなかったことを後悔したものであった。

さて、その隣りの外国人の方々は、そろそろお開きにしたい頃合いのようである。そこで、目の前のH君に
「Check it」
「?」
「Check it」
「・・・・・・あのな、勘定だ、勘定」
ここで口を挟むのは、無論のこと酒で口が軽くなった私である。
H君、慌てて伝票を探すが、その前にTaさんが伝票を手にして金額を提示していた。
支払いを済ませ、出て行くふたりの外国人客。
「H君さぁ、大学生なんだから英語くらい勉強しときなさいね。Tさんだって英語でやり取りしてるよ」
「まぁ、咄嗟に英語は出てこないでしょう」
と、宥めるような口調のMさん。幾らバイトとは言え客商売にそれは甘過ぎるのではないかと思うが・・・・・・。

「今のふたりは、基地から来てるんですよ」
と、今まで相手をしていた◆◆さんが仰る。
「へぇ、そうなんですか」
「そうそう。こんな近くにこんな良い所があったなんて、って驚いてたよ」
「はい」
「もっとそっちにもアピールしなきゃならんかなぁ」
と、ひとりごちておられる。
こちらの席が空いたところで、Mさん、私の右隣から左隣へ席を移動した。◆◆さんも、こちらへひとつ席を寄せる。必然的に、3人が並んで座る状態となる。
「今ね、中国にハマってるんですよ。だからね、ほら」
と、◆◆さん、手にした文庫本をこちらに示す。
成る程、宮城野昌光氏の著書である。この方は、史記の頃の中国ものの小説を得意としている。
「あ、その方が孟嘗君の小説を新聞で連載してるのを読んだことあります」
「そう。これはね、それよりもっと古い夏王朝の頃の話」
「夏王朝、ですか」
「そうそう。殷王朝の前の王朝」
「あ、じゃあ、確か、薬草を広めた、っていう皇帝(神農氏)が居た頃の話でしたっけ?」
こういう話は私も好きであるので、幾らかであれば着いていけなくも無い。
「あ、そう言えば、◇◇さん、○○さんと『戎座』行かれたんですよね」
「そうだね」
「今度私も連れてってくださいよ」
懲りずに話題を振るTさん。
「そうだな、◇◇さんなら良いよな」
と、◆◆さん迄もが調子を合わせる。
・・・・・・えー加減にせーよ、アンタら。
posted by daydreamer at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Cafe・De・Haven Story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62256140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。