2007年12月01日

コンプリートに、リーチ

毎度のことだが、風邪を引いた。
何故帰国間近になるといつもいつも体調を崩すのであろう・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
(お蔭で今日は午前中に病院へ行き、その後薬を飲んで寝てようやく起き出した次第である)

その為、いつもならばプライベートスペースでのメニューを選択する『RIN』も、今回はオープンスペースのメニューを予約した。流石に体調が悪いのに(室温管理はされているとは言え)裸と大差ない恰好で歩き回るのは少々気が引けるので・・・・・・。
尤も、私自身、オープンスペースでのトリートメントは初めてであるので、これはこれで楽しみなのであるが。

さて。

ここのところ、アクセス解析で検索キーワードを見ていたところ、『万惣』の記事を検索してこられる方が結構多いことに気が付いた。
そこで、試みに『万惣』で食したものを撮った写真を整理していたところ、面白いことに気が付いた。
『万惣』外観此処『万惣』(私が行くのは、交通アクセスの都合上『万惣』神田本店のみである)の2階のカフェでは、食事のレギュラーメニューとして5種類程、料理を用意している。このカフェを利用するようになってから未だ2年程にしかならぬのであるが(それまでは延々と中2階のフルーツパーラーのみを利用していたのである)、何時の間にやらレギュラーメニューのコンプリートにリーチが掛かっていたのだ。
同じモノをひたすら食べて飽きぬ私にとって、これは珍しいことである。流石にハウステンボスでは同じレストランで同じメニューを頼まぬよう留意しているのであるが、あるとき1週間研修で同じところに通った折など、ランチは同じ店で同じメニューを頼み続け、最終日にはとうとう注文を聞かれなかった、と言うこともあるくらいであるから。

それはともかく、今まで私が食した「レギュラーメニュー」をご覧頂こう。

シーフードハンバーグ先ずはこれ、「シーフードハンバーグ」である。
基本は海老と烏賊のすり身を成形して焼いたものであるが、中にゴロゴロとぶつ切りの海老が入っている。その為、フワフワしたすり身の食感と海老のプリプリした食感が同時に楽しめるところが面白い。
ソースは、ご覧のバターソースである。バターの風味が軽くあっさりしているので、海老や烏賊の旨味を良く引き立てている。また、ソースに入っているキノコ類の量が多く、これはこれだけで食しても美味いくらいである。

ドライカレー次は「ドライカレー」である。
私は、メニュー選びに迷ったときには大概これを頼む。手軽で、手頃で、量を選べる(MサイズとLサイズがある)のが良い。
上のカレーはやや辛めのスパイスが程好く効いた味付けである。それに、添えられた半熟の卵を絡めて食すと味が非常にマイルドになる。
下のライスにもしっかりと味が付けられているので、これはこれでも食すことが出来る。が、矢張りそこはそれ、カレーを絡めて食した方が美味いと思える味付けになっているのが心憎い。
特筆すべきはカレーの上に乗せられた野菜のブロシェットである。軟らかく炙られた野菜は、これが野菜かと驚く程に甘みが出ており、美味い。

ビーフハンバーグ次は「ビーフハンバーグ」である。
こちらのハンバーグは、しっかりと練りこまれ、チーズを乗せて焼いてデミグラスソースをかけてある。
ハンバーグは、嘗て『ロード・レーウ』が“ハンバーグレストラン”として限定復活した折、行くことが適わぬ身故に不貞腐れたこともあり、ここ『万惣』で“敢えて”頼んだものである。・・・・・・その後、“完全復活”と相成った『ロード・レーウ』でもいの一番にハンバーグを食したのは言うまでも無いが。
現在の『ロード・レーウ』のハンバーグは、どちらかというと軽めのあっさりめ、と言えるであろう。デミグラスソースも重くなく、ハンバーグ自体も脂の重さをそれ程感じることは無い故に食欲が出ぬときでもペロリと平らげてしまう。
こちら『万惣』のハンバーグは、良い意味で正反対と言えるものであろう。食べ口のずっしりとした重量感は、胃の腑にどっしりとした満足感を与えてくれる。デミグラスソースであるが、流石に老舗の果物屋だけあってフルーティーさが感じられ、後口は非常に爽やか。乗せられたチーズにより、コクが更に増す。

オムライス最後は、先日食した「オムライス」である。これも「ドライカレー」と同様にサイズが選べる(矢張りMサイズとLサイズがある)。
大抵のオムライスはケチャップで味付けしたチキンライスが卵に包まれているが、これはバターライスが卵に包まれている。その為、ややしつこいように感じられるケチャップ味のオムライスとは雲泥の差があるほどに食しやすい。
トマトソースは、トマト自体を煮込んで作ったものであろう、トマトの果肉が残っているのが更に食しやすさを増している。また、ゴロゴロと入っている大きな海老が単なる“お子様メニュー”のオムライスとは一線を隔す豪華さである。
卵も、表面はしっかりと焼いてあるものの、中はトロンとした半熟である。この卵とバターライスとトマトソースを口に入れると、えも言われぬ甘みと酸味と塩気と旨味のハーモニーが口中で奏でられるのである。

これだけの味の種類のメニューを食しながらも外れが無いのが、私にとって驚異的だと思われたことである。流石に、故池波正太郎氏も著書の中で述べておられたことであるが「老舗の果物屋だという誇り」がどのようなメニューでも手を抜かぬ味を守っている所以であろう。
あとは、食しておらぬのは「ビーフシチュー」のみである。これは、是非ともこの冬のうちに食して“レギュラーメニューのコンプリート”としゃれ込んでみたいものである。

ホットケーキフルーツホットケーキちなみに、ここ『万惣』本店でしか食せぬのが、私の大好物である「ホットケーキ」である。
今まで、これも矢張り“レギュラーメニュー”としてメニューに載っている「ホットケーキ」と「フルーツホットケーキ」は食した。尤も、私の好みは黒蜜風味のシロップとバターで食す「ホットケーキ」であるので、「フルーツホットケーキ」は1度しか食したことがないのであるが。

先日も、「オムライス」と一緒に食したのは「ホットケーキ」の方であった。
が、そこはそれ、季節メニューでも「ホットケーキ」があることがある。その折にも「マロンクリームのホットケーキ」があるのを見ていた。が、矢張りシロップとバターのあの味には逆らえず、「ホットケーキ」を注文してしまったのである。
無論、そのときには大満足で帰途に着いた。それに不満は無いものの、「マロンクリームのホットケーキ」も試してみれば良かったであろうか・・・・・・?などと思うこと仕切りである。

こう言った“宿題”の存在が私を惹きつける原動力になるのであろうな(これはハウステンボスも同様であるが)。
来週と来月の3連休の後、しばらくの間行くことが適わぬハウステンボスの代わりに、せいぜい気張って『万惣』のレギュラーメニューや季節メニューを食して楽しむことに致そう。
posted by daydreamer at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70361751
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。