2008年03月17日

期日限定プレオープン!

此度のハウステンボスへの帰国は1泊2日と慌しい中でありながら“NEWオープン”や“プレオープン”が相次いだ貴重な時間を過ごすことが出来た、稀なるものであった。その中でも、矢張り“プレオープン”を抜いてこの帰国を語ることは出来まい。

ハウステンボスに、期間限定でNEWアミューズメントが誕生する。
場所は、旧『クリスタルドリーム』。
名称を『MEGA3D 360(メガスリーディー サンロクマル)』と言う。

『MEGA3D 360』外観

唯、これをご覧になってお判りの通り『クリスタルドリーム』の看板も外されてはおらぬ。この点『CAFE DE HAVEN』であった『Jackpot』の外観と同じである。

『MEGA3D 360』看板1『MEGA3D 360』看板2こちらにも、ニュースタッド地区と同じように判りやすい看板が付いていた。ハウステンボスを“街”と見る向きにはこういった看板の存在に疑問符を付ける感じ方もあるが、“テーマパーク”と見る場合にはこれらの存在はある意味やむを得ぬ場合もあろう。
何せハウステンボスの弱点は「判り難さ」である。テーマも然り、内容も然り、施設設備その他も然り。そうでなくとも日本国内のテーマパークはハウステンボスが如き“さり気無さ”は理解され難いのが現状のようにも思える。せめて“遊び”をメインとしたアミューズメント施設にはこういう目印は必須であろう。
(実際、新『マルシェ・ド・パラディ』の看板も遠くから見ると割合に目立つので、目印としての役割は充分果たしているようにも思われる。・・・・・・景観に合う合わないは別としても)

13:00〜と案内されていたプレオープンであるが、早くに並んでいた方も居られた様で、12:00には繰り上げて上映が始まっていたようである。
詳しい内容については、これから体験される方が多いであろうと思われるので、興を削がぬ為にも割愛する。
それ故に感想までもが書き難いが・・・・・・ひとつだけ言えることは、思ったよりも臨場感は出ているし、その為の工夫も幾つか仕掛けてあるので、楽しんでしまおうと思えば結構楽しめるのではないだろうか、ということである。

無論のこと、最新技術の粋を尽くした『Kirara』や『グランオデッセイ』には及ばぬと思われる箇所もあろう。上映時間も短いので、唐突に終わってしまうと感じる向きもあるやも知れぬ。
が、それでも一度は見て頂いて損は無いと思う。少なくとも、自身が異空間に放り出されたかの如くの感覚は味わうことが出来るであろう。

そして、今回のプレオープンは、モーレンクラブ等のハウステンボスのメンバーズ限定のものである。無論「Menber's Only」の表示は出てはいるが、ドアにちょいと掛けるだけのあまりにも小さいものであったので、それと知らずに中に入ろうとして丁重に断られている方々を幾人も見た。

ハウステンボスは、つくづく商売が下手である。
こういう場合、近くにモーレン入会のコーナーを設け、モーレンクラブへの加入の切っ掛けと致しても良いであろう。また、モーレン会員の後に
「先着○○名!」
と題して体験者を募り、一般客へのアピールもしてみても良かったやも知れぬ。
此度の如く断ってだけいたのであれば、ハウステンボスが排他的だと思われるのではないかとそればかりが気がかりでならぬ。適度に一般客へのアピールを(こればかりはさり気無く)しても良かったのではないかと思ったものである。
posted by daydreamer at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ハウステンボス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89950747
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。