2009年04月11日

春は過ぎ(其の壱)

4月の半ばだと言うのに、ハウステンボスの気候は既に初夏である。

何時の如く『メタモルフォーゼ』で着替えを購入して着替え、何時と違って来月のクルーズとセグウェイの予約を済ませた。

そして、何時の『吉翠亭』で昼食を認めている。
posted by daydreamer at 12:46| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

『吉翠亭』のチューリップ

090328_1154~01.JPG・・・・・・とは言ってもナフキンの話なのであるが。
元々『ホテルヨーロッパ』の食事処である故、この折り方を採用しているのであろう。

それにしても、此処の焼酎のロックは氷が少ない!・・・・・・ということは焼酎が多いということである。多く飲めるのを喜ぶべきか、酔いが回るのを悲しむべきか・・・・・・(-.-;)
posted by daydreamer at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何時もながら

出発間際の書き込みである。
明るいニュースに殆ど接しないハウステンボス、此度の帰国は如何なるものになるであろうか…。
posted by daydreamer at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

居場所

私は、場所に居着く客である。

故に、居着いた場所が無くなってしまうとどうにもならぬ。若い頃には足しげく通った大阪など、今やすっかり足を運ばなくなってしまった。…馴染みの食堂が無くなった、という一事の為に。

西の果ての彼の地も、同じことになるのでは、と危惧する。
訪れる機会は片手にも満たぬが、その間に「讃」を纏めることになるであろう。訣別の意を込めて。
posted by daydreamer at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

愛しの“我が家”

ハウステンボスの“我が家”たる『ホテルデンハーグ』の記事を見た。
…余りのコトに言葉も無い。

私は、既に9月迄の予約を済ませていると言うのに…。。。(〃_ _)σ‖
posted by daydreamer at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

二年振りの京都にて(其の肆)

090215_1540~01.JPG次いで、初公開となる妙光寺に来た。
何でも、京都の禅寺では3番目に古く、後醍醐天皇等とも所縁がある由緒正しい名刹であるが、“先の戦争”(京都の方々のよく言う言い表し方である。これ、実は“応任の乱”のことであり、パッと連想した“第二次世界大戦”はつい最近の出来事なのだそうである…)で焼失し、再建されるも幕末に新選組の焼き討ちにあったのだそうな。
不運で不憫な寺である。

特別拝観の場所には大抵ガイドの方々がおられるが、こちらのガイドの小父さん達は細かい笑いや逸話を混ぜて話をしていたので面白く聞くことが出来た。
…もしかして、小噺の打ち合わせ迄しているのかしらん?

ちなみに、画像は境内にある、陶工家の野々村仁清の墓である。
posted by daydreamer at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二年振りの京都にて(其の参)

090215_1317~01.JPGそれから、そのまま眼前の仁和寺を拝観する。特別拝観がある筈の金堂は、常楽会(涅槃会)の為、お経(声明?)を聞くことが出来るのみであった。

画像の経堂は拝観出来た。
16年振りの開帳とかで中の絵や像の色鮮やかなこと!
普賢菩薩が乗る“笑う白象”が妙に印象に残ってしまった…。
posted by daydreamer at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二年振りの京都にて(其の弐)

090215_1207~01.JPG…で、昼食は仁和寺の門前で「にゅうめん」を食した。
あっさりとしていながら旨味が強い出汁が美味いの何の♪
posted by daydreamer at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二年振りの京都にて(其の壱)

090215_0837~01.JPG実に二年振りに京都に来た。
此度は少ない時間を縫って来た為、十数年振りとなる深夜バスの往復である。何だか若い頃を思い起こさせる心持ちである。

京都に到着し、先ずは往年の如く京都タワーの地下で一風呂浴びる。
その後に『Porta』で朝食。
今朝の朝食は、『イノダコーヒ』の「サンドセット」を貰った。絞りたてのオレンジジュースが特に美味かった。
posted by daydreamer at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

束の間の休みの前に(其の弐)

090210_2120~01.JPG「子持ちヤリイカのスパゲティ ポモドーロセッキ風味で」である。

大好きなオイル系パスタに舌鼓を打ったものだ。
それにも増しての大好物に
「わ〜い、茗荷だ!」
と心中快哉を叫んだのは別の話で…。
posted by daydreamer at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

束の間の休みの前に(其の壱)

090210_2050~01.JPG「向こうへも行ってくださいよ」
という『SUNBUCA』のKバーテンダーの言葉を受けて『IL BACCA』へ行ってきた。

画像は「千葉天然真鯛と新じゃが芋ボッコンチーノ チーズとクリームオーブン焼」である。
未だチーズソースがじゅうじゅう言っている熱々の状態で出てきたのが良い。
posted by daydreamer at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

初春のバール(其の参)

090117_2145~01.JPGこちらのバーテンダーK氏と、名はそれと出さずに『グランキャフェ』のMバーテンダーの話をした。
その際、注文の折に好きに作れと頼んでしまうコトも話した。

その後、Kバーテンダーにも好きに作れという注文をしたところ、このボトルが出てきた。
…何が出てくるのか不安7割、期待3割といったところである。
posted by daydreamer at 21:52| Comment(39) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春のバール(其の弐)

090117_2037~01.JPG食しつつ飲みつつ頼んだのは「白子のフリット バルサミコ仕立て」。

トロリと軟らかい白子とプリッとした帆立のアクセントが何とも言えぬ。
下に敷き詰められた茸も大好きであるので嬉しい。
posted by daydreamer at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春のバール(其の壱)

090117_2030~01.JPG一夜明けて『SUNBUCA』へ行った。

先ずはいつもの「ブルドック」と「自家製ピクルス」。
バーテンダーK氏によると少々盛り付けを凝ってみたのだそうな。
posted by daydreamer at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

初春のイタリアン(其の参)

090116_2213~01.JPG迷った挙句、店のお姉さんことSさんのお勧めである「北海道安幸アーモンド風味のカツレツ フレッシュトマトソースで」を注文した。

上に乗った茗荷が良い風味を醸し出している。
肉自体も美味い。
アタリのメニューであるな。
posted by daydreamer at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春のイタリアン(其の弐)

090116_2145~01.JPG次のPrimo piattoは「木の子のペーストと地鶏レバームースフィットチーネ」を頼んだ。

「長葱グリルとゴルゴンゾーラリングイネ」とどちらにしようか悩んだのであるが、好きなゴルゴンゾーラとレバームースのいずれかの味が強いか聞き、こちらを頼んだものである。

機会があればリングイネの方も頼んでみたいものだ。
…物足りないと言うやも知れるが。
posted by daydreamer at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春のイタリアン(其の壱)

090116_2044~01.JPG今年初の『Il Bacca』である。

前菜として頂いたのは「千葉天然真鯛と冬瓜バターソテー黄ゆず風味」。
鯛も冬瓜もトロリと軟らかく、酒の進む…単に料理としても美味い…味である。
posted by daydreamer at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

初春や(其の捌)

さて、後は帰るだけ…と思ったところで(確かめるのが遅いだけであるがσ(^◇^;)。。。)『マリンターミナル』の入口に
“悪天候の為全便欠航”
の文字が…。

折から雪も強くなってきた。
仕方が無い。此度ばかりは陸路で帰ることに致そうか。
posted by daydreamer at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春や(其の漆)

090112_1610~01.JPG本日は12:00迄惰眠を貪り、その後街を回って来、些か疲労困憊して『ティークリッパー』に辿り着いたところである。
一服し、「ロイヤルミルクティー」を喫してひと休み。

行きはあると思った時間も過ぎてみればあっという間。
もうじき、出国の時刻。
posted by daydreamer at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初春や(其の陸)

090111_1805~01.JPG昨晩、此度の「光の街」開催中に初めて「光の宮殿」を見に行った。話をしていたMさんは半ば茫然、半ば呆れ顔であったものであるが…。

ライトアップも無論素晴らしかったが、此度は音楽と共にゆるゆると行われるライティングショーが、幻想的な気分に引っ張っていたような気がする。

『ヴィノテーク』で新年の挨拶を済ませ、『ジャックポット』と『グランキャフェ』で飲んで帰途に着く。『ジャックポット』では、前日の分迄とばかりにゆっくりと過ごした。…尤も、カウンターの中でも後片付けに大わらわ(これは他に客が居らなんだ故のコトである)であったので、勝手ながらあいこであろうと解釈をしている。
posted by daydreamer at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。