2009年03月31日

年度末に(其の伍)

090331_2212~01.JPGトリを飾るのは、矢張りこの人、奥土居美可さんである。

既に慣れ切った歌声ではあるが、高く低くと自在に歌い上げる音域の広さと言い、パンチの効いた歌声と言い、所謂“奥土居節”を存分に楽しんだものである。
また、ハウステンボスも話題に取り入れてくださったが、ステージ後にご当人曰く
「ステージの近くに居たからさぁ、ついつい口から出たんだよねぇ」
「…あのね、未だホテル閉まって無いから」
「あ、そうなの?」
「うん、閉まるの6月末」
…無論、会話の相手は私である。

そうそう、奥土居さんは来月20日頃から長崎〜福岡へツアーに出るそうであるが、その中に4月25日〜26日の「帆船まつり」のライブがあるそうである。
ご都合の付く方は是非ともご覧あれ。元気を貰えること請け合いである。
posted by daydreamer at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥土居美可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年度末に(其の肆)

090331_2143~02.JPGお次は小谷伸子さん。

声優(コジコジ等)に、ロック歌手に、そしてジャズシンガーにと多彩な活躍をしておられる。
歌いっぷりは、流石ロックの下地があるだけあって益荒男(ますらお)ぶりを折々に感じた…などと申したら怒られるであろうか?
とは言え女性のことである。可愛らしさを兼ね備え、全盛期の「プリンセス・プリンセス」に雰囲気が似ていたように思う。

余談ではあるが、話し方やふと見せる仕草が、大学を卒業して自分の途を歩く『ハーフェン』や『グラン』のバイトであったMちゃんを思わせ、思いも寄らず感傷に浸ったものであった。
posted by daydreamer at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥土居美可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年度末に(其の参)

090331_2122~01.JPGでは、3人の歌姫を順に。

先ずは浜田ゆきさん。
所々に関西系のノリを見せる愉快なトークで沸かせてくれたが、歌は手弱女(たをやめ)ぶりを感じさせてくれたものである。

又、風貌から“ベルばら”と散々イジられていたのであるが、是ならば例の「ベルばら展」のグッズでも持参すれば良かったかと少々後悔したのであった。
posted by daydreamer at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 奥土居美可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年度末に(其の弐)

090331_2047~01.JPGちなみに私の席は…何故かステージの至近距離。
ご覧の通り足がステージに掛かる程である。
posted by daydreamer at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥土居美可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年度末に(其の壱)

090331_2001~01.JPGこの年度末の忙しい最中に又もや奥土居美可さんのライブに来た。
今回は美女3人のジョイントとあってまた違う魅力を味わっているところである。

画像は最初に頼んだ「トスティ」とお通し。
posted by daydreamer at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥土居美可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

場違い?(其の弐)

090227_2123~02.JPG気後れはしたものの、後半の部では他の方を見て負けじと(携帯で)撮影した。

本当はもっとお気に入りのモノもあるのであるが、それはまた別の機会にでもご披露致そう…。
posted by daydreamer at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥土居美可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

場違い?(其の壱)

090227_2046~01.JPG今、奥土居美可さんのライブを聴きに、『銀座スウィング』なる老舗のライブハウスに居る。…のは良いのであるが、余りの重厚な雰囲気に少々臆し気味である。

画像は、注文した「おまかせ5種類のオードブルのサラダ」。
目にも賑やか、味もそれなりに美味い。
posted by daydreamer at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥土居美可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

ライブ

081223_1955~01.JPG本日(…と言っても昨日より開催されているそうであるが)、然るNPO法人の主催による奥土居美可さんのライブがあった。
場所は、六本木ヒルズ。
「Happy Aperitif」の会場でもあったこの場所は既に旧知であったので、丁度良い機会であろうと行ってきた。

とうにお馴染みの「クリスマスイブ〜Last Christmas」などの曲もあり、私には初めて聴く「Imagine」などもあり…と、此度も又しっかりと楽しんでしまったものである。
ご当人と客との距離が近いところなぞ、『ムーンシャワー』を思い起こしてしまったものだ。

ところで、ご当人より伺った話であるが、何でも2月8日(日)に長崎市内でライブが開催されるとか。
1月5日〜1月9日の間にはNBC長崎放送で奥土居さんの特集番組も放映されるそうであるし、長崎在住のファンの方にはさぞや楽しみの多い日々となることであろう。
posted by daydreamer at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥土居美可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

艶っぽくて、カッコイイ、やさしさ

何ちゅうタイトルだ、とは仰せられる勿れ。
この日の奥土居美可さんの印象を一言で表すと、こうなる。

この日の映像は、後日(12/10〜)携帯で配信されるのだそうな。
故に、細かい話は出来かねる故、避けさせて頂く。楽しみになさっておられる方のネタバレになっては申し訳も無かろう。
その為という訳では無いが、曲名は(判明している分も)伏せさせて頂く。・・・・・・一部を除いて。

前置きが長くなった。そろそろ本題に入ろう。

この日、前日に続いて千代田線の明治神宮駅に降り立った。ちなみに前日は『NHKホール』にて開催されたさだまさし氏の「35周年記念コンサート」である。こちらも来年早々にwowwowで放映されるそうであるので詳細は控えるが、様々なサプライズもあって大変楽しいコンサートであった。3階の最後列に近い席であったが、それでも所謂“さだワールド”に浸りきり、身も心も全てさだ氏に任せ切って楽しんだものであった。

身も心も全てアーティストに任せ切って楽しんだのはこの日も同じ。
此度の会場は『原宿クエストホール』である。
この日はどうしても仕事の区切りが付かず、しっかりと残業をして慌てて職場を飛び出したものの、到着したのは開演時間を10分少々過ぎた時刻であった。その為、オープニングの曲は見逃してしまったことであろう。返す返すも残念である。
私が会場に入ったとき、舞台上では、真紅のロングドレスをまとった奥土居さんが「Smile」を歌っていた。元々が優しい曲調であるのに加え、奥土居さんの歌い方は僅かにハスキーがかってはいるものの柔らかく優しいものである。そのふわりとした雰囲気に仕事の疲れなど吹っ飛んでしまった。
その後、3曲ほどとMC(トーク)を挟んで、ハウステンボスの『ムーンシャワー』でも演奏されたアニメソング(それもジャズとはてんで無縁の曲)が演奏された。ほんの2週間前に聴いたばかりの私はその折には声を殺して笑い転げてしまったが、周りのお客さん方はキョトンとした顔をしておられる。そのギャップがまた可笑しくて、私の笑いは止まるところを知らぬ。
そしてまた1曲を挟み、1部のラストは「花」で締めた。聴き知ったこの曲のとき、ふと思ったことがあった。
奥土居さんの声は、しっとりとした艶っぽさがあるのだ。
もしかしたら、これは手の届くかのようなライブハウスではなく、声があちこちに跳ね返って十重二十重に降り注いでくるホールでのコンサート故に聴くことが出来たのやも知れぬ。

休憩時には、バーコーナーがオープンして飲み物やオードブルが販売された。少々小さいコーナーであった故に多少の行列は出来たが、大したことは無かったので行列につき、グラスのスパークリングワイン¥600を貰った。喉が渇いていたので一気に飲み干し、席に戻った。

2部は、ゲストの高田(たかた)なみさんが奥土居さんと一緒に登場した。高田さんは赤の可愛らしい衣装で、奥土居さんは黒の燕尾服を模した衣装での登場であった。
その衣装の通り・・・・・・と申しても差し支えは無かろうか?高田さんは可愛らしく、奥土居さんはやや強めに、と声の調子を変えて歌い上げる。このときの奥土居さんは(例えが良いのか悪いのかはさておき)宝塚の男役を思わせる凛々しさと格好良さが同居し、それに幾らかの艶っぽさを加えて妖しい魅力を作り出していたように思う。同性の私ですら、思わずゾクリとしたものである。
妖しい魅力はオリジナル曲の折にも感じた。無論私は知らぬ歌である。が、声を張って歌い上げる奥土居さんの迫力は、前日のさだまさし氏にも勝るとも劣らぬものがあり、体を突き抜けて行くが如くの音にすっかり魅せられてしまった。
ラストナンバーは「Sailing」、アンコールは「星に願いを」であった。「星に願いを」は『ムーンシャワー』でも聴いていてその優しくも美しい雰囲気にうっとりとしたものであったが、此度はそれに勝るものがあった様に思う。

翌日も出勤であった故に後ろ髪を引かれる思いで帰宅したが、そうでなければどこかへ繰り出してうっとりとコンサートの余韻に浸りながらグラスを傾けていたことであろう。
矢張り、奥土居さんにお手数を掛けてでもコンサートのチケットを購入しておいて良かった。
次回、また都内でのコンサートがあるならば聴きに行きたいと思ったものである。

終演後・・・・・・
posted by daydreamer at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 奥土居美可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

優しさと柔らかさの記憶

以前より、話は聞いていた。
故に、興味は尽きぬことであった。
が、何故かこれまでただの一度も私の帰国とは縁が無かった。これは、偏に帰国の日程を余りにも早く決めている為にイベントとの擦り合わせなぞして来なかったということに尽きるであろう。
しかし、今回然る事情により帰国を強行した結果、このライブとの日程が合った。これは僥倖とライブを組み込んだ予定を立てていた。

花火の後の『ジャックポット』に客が溢れ、慌てて
「こらあかん。一寸上でライブ見てくるワ」
「片付けちゃって良いですか?」
「あいよ。ジャンパー置かしといて」
・・・・・・このT姐さんとの掛け合いは双方慌てていた故に怒鳴り合いに近かったのではあるまいか。
ともあれ、早々に『ジャックポット』を飛び出して『ムーンシャワー』へと向かった。チャージ料を支払って店内に行くと、最前列の左側のテーブルには旧知の常連客Mさんが席を占めておられた。

昼酒として飲んだ焼酎がそろそろ効き始めてきた頃合いである故、そろそろアルコールは控えようかとウーロン茶をカウンターで貰ってMさんのテーブルへ行く。あれこれと話をしているうちに、もうお一方旧知のMiさんが帰国なさっていると知った。四方山話のうちにMiさんも店内に入ってこられ、席に着かれた。

奥土居美可さん(其の壱)フッと照明が落ち、スポットライトが舞台に注がれた。
今宵の歌姫である【奥土居 美可】さんの登場である。

ややハスキーな歌声で、様々な歌を歌い上げる。
私は寡聞にしてジャズの曲をほとんどと言って良い程知らぬので、紹介されていない曲は何を歌っているのかトンと見当がつかぬ。
それでも、奥土居さんの歌に浸りきる程に心地良くなる優しい雰囲気は充分に感じられた。

キーボード:田中さんギター:家原さん今宵のサポートメンバーはキーボードの田中氏とギターの家原氏である。お二方とも、地元のミュージシャンとして活躍なさっている方であるそうな。
このライブでは奥土居さんは穏やかな歌い方をしていたので、ちょいと主張が強いと演奏がヴォーカルを押しのけてしまいかねないと思ったものであるが、そのような杞憂は不要であった。流石にその辺りはプロ同士の阿吽の呼吸があるのであろう、優しい穏やかなヴォーカルにそっと寄り添うような演奏をも楽しむことが出来た。

星に願いをこのライブは2部構成である。
うち、1部のラストナンバーは「クリスマス・イブ〜ラスト・クリスマスMIX Ver.」、2部の途中には「星に願いを(When you wish apon a star)」が歌われた。
その際、ステージは彼の如くの雪に、或いは星空に見立てたようなライティングが施された。真逆に雪が降って来るような演出までは無かったが、奥土居さんの歌を聴きながらライトのひとつひとつを見ているとふと肩に雪が降る心地がし、屋内でありながら満天の星空を仰ぎ見る思いがした。

奥土居美可さん(其の弐)奥土居美可さん(其の参)奥土居さんの歌は、所謂ハスキーヴォイスである。が、従来私が聞いてきたハスキーヴォイスの歌手とは一線を画すような気がしてならぬ。
不思議に思い、考えてみた。
そして、思い至った。
私が聞いてきたハスキーヴォイスの歌手は、思い切り声に力を入れて歌う方々が多かったような気がする。だから、聴いていて力が入りそれ故に疲れ切ってしまうのだ。
しかし、奥土居さんはハスキーヴォイスでありながらゆったりと優しく歌うので、この方の作る優しさにリラックス出来るのであろう。

休憩中のテーブルでは違う表現をしたように思う。
が、此度ばかりは喜んで訂正をしよう。
奥土居さんの歌声で包まれるのは、何もかもをも隠し切ってしまうベールでは無い。
例えて言うならば、生まれたときに包まれた「お包み(おくるみ)」の優しい柔らかさに包まれていると言う方があの雰囲気を表現するのに相応しいであろう。

いてもたっても居られず、出口で追加のドリンクを精算する間に偶々いらしたご本人に東京でのコンサートのチケットを買える場所を聞いた(コンサートのことはライブ中のトークで披露された)。すると、丁度ご本人もチケットをお持ちであったので、これ幸いとお持ちのチケットを譲って頂いた。
12月5日(金)、原宿クエストホールでのコンサートである。
前日の12月4日(木)はさだまさし氏の35周年記念コンサートFinal(但しソロ・プレミアムコンサートが東京国際フォーラムで開催される)がNHKホールであるので、2日続けて近辺に通うことにはなるが、それが何程のことがあろう。あの優しさにまた出会うことが出来るのであれば何があろうと厭うことは無い。

出入り口では
posted by daydreamer at 23:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 奥土居美可 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。